李鈴には秘密はある。
それは、学校で大人気の詩編先輩と”晴れた日”だけ昼休みを共に過ごすことだ。
引っ込み思案で臆病者の李鈴は、ちょっぴり浮世離れした詩編と過ごすうちに成長していく。でも、詩編は李鈴に言えない秘密があった。

  • コメント
  • スタンプ269
  • しおり8








「花曇り」という言葉を教えてくれたのは、綺麗で儚げな人だった。









この物語はフィクションです。

実際の人物、団体等は関係ありません。


作者が趣味で書いている非常に拙い作品です。

それでも良いと言う方のみ、先にお進みください。