龍の血を受け継ぐ劉奈一族の、唯一人の生き残りである陸王(りおう)が成人を迎えた。
国事である浅舞(集団見合い)に参加することになった陸王はそこで一人の少女に出会う。
少女は陸王にしかわからない特有の臭いを纏っていた。