黒姫。
その人はバーGLASSYに現れる。
金獅子は黒姫を捕らえようと躍起になり、傷を負うことさえ躊躇わない。
鷹は遠くから状況を眺め、黒姫に焦点を定める。
黒姫は微笑みながら巧みに逃げる。

さて、黒姫を捕らえられるのは誰?

成瀬の金獅子 成瀬 翔真(なるせ しょうま)

「お前、危なっかしくて放っておけねぇんだ」



伊勢の鷹 伊勢 朔夜(いせ さくや)

「自分の気持ち押し殺してたら、壊れるぞ」



黒姫 本城 凪央(ほんじょう なお)

「……私は、私がどうなろうと構わない」














15年前に起こった成瀬組と伊勢組の抗争の発端となった事件を彼女らは覚えているだろうか。



きっかけは、1人の男が妹を弾丸から庇ったことから始まった。



金獅子は怒り狂い、鷹は悲しみ、黒姫は涙を流した。



小さな歪はやがてそれぞれの関係にヒビを入れる。



決して、元に戻らない形へ。