久しぶりに買い物に来た藤ヶ谷は、買い物の最中、偶然知り合いに遭遇する。振り返るとそこには懐かしい顔があった。親しそうに話をする藤ヶ谷を不安げに見つめる北山。二人を戸惑いの表情で見つめていると、2人はーーーーーーーー。