横尾と店先で別れてから、3ヶ月が経ったある日、不意に彼から着信があった。電話に出ると久し振りに休みが取れたから、家に行っても良いかと言う内容だった。
横尾と藤ヶ谷の学生時代の話を初めて聞いた北山は、何とも言えない感情になった―――――――。その様子を見た藤ヶ谷は――――。