詩集3



やりたいこともなく消えていくような日々に名前をつけて毎日を祝って







ーーー目次ーーー


青い夜のなかで


ただの静物だったなら


また今日も


はないちもんめ


満月


あこがれと、うまくいかないことに


めぐる季節の中に


‪あの子とわたし


ふたり


時の流れの中にいるから


こころ。