一夜のなくしもの

作者望夜.

「幸せすぎて、怖いよ」

ずっと隣にいる約束は、いつまで有効だったのか、大人になりきれなかったまま、あの別れが正解だったかもわからぬまま。








もうずっと忘れていた


大切にしていた記憶と、思い出