飲み会の帰り、涼花は酔った勢いで彼女持ちの空也センパイと一夜を共にしてしまう。




いつかこの関係も、曖昧になってたまにしか思い出せなくなるのだろうか。



「……そんなの、嫌だよ」



センパイの気持ち、もうわかんないよ。




画像タイトルを入力…




曖 昧 遊 戯