「ま、最悪な事態になったとしても、俺とお前が揃えば無敵じゃん?(笑)」「(笑)つけないでください」「w ならいい?」――迷惑をかけられて、傷つけて、それでも一緒にいることを決めた私たちの逃避行劇





ワケありな先輩と逃避行を決めた。



「……近くにいてくれねえかな、って、私のこと?」

「以外に誰がいる?」



最低最悪なシナリオでも、

バッドエンドが待ち受けていても、

あんたがいたら終わりは良しとなる。



……気がする。




【アイロニースパークル】の番外編集です。