藤ヶ谷と些細な事で喧嘩をした北山。喧嘩をした後、家を飛び出したが行く当てもなく、途方に暮れていた。そんな時、珍しい人物に出会う―――――――――――――。