信頼と言葉の力

作者俊裕

横尾が勤める病院に来た藤ヶ谷達は、北山の様子を彼に話した。北山の様子を見た横尾は、北山に幾つか気になる事を聞き診断を始めた。不安な表情で横尾を見つめる北山に、横尾は――――――――――。