幼馴染みからの卒業

作者ふじる

大人びた見た目から経験豊富と噂されてる楓深は実は処女で…彼氏に嫌われないために取った方法は、大人な幼馴染みに処女をもらってもらうことだった。

高校2年の藍川楓深は大人びた見た目から経験豊富、ビッチと噂されていたが、実のところはキスもエッチも未経験だった。

ひょんなことから、最近できた彼氏に


‘’未経験の処女は重くて面倒‘’


と思われていることを知り、ショックを受ける。


彼氏に嫌われないためには、処女のままではダメだと思い込んだ楓深はあることを決意し幼馴染みの七森利央の元へ向かうのであった。