素直になれなかった、ずっと残ったままの記憶。

「ねぇ、薫。…私言いたかったことがあるの」

久々の再会を果たした二人。大人になった彼らの”青春”を見届けるおはなし。