俺と一条歩の秘密の関係

作者M

時は女尊男卑。貧乏な俺・井上勇一郎は天下の御三家の一条歩の婿になるために毎日プロポーズをするが、毎日振られる日々を送っている。ある日いきなり一条歩が我が家にやってきて「住み込みで働く」と言う。それには思わぬ事情があるらしいが、彼女は教えてくれない。そうして俺と一条歩の秘密のドタバタとした毎日が始ま…

ー時は女尊男卑ー


この時代は男尊女卑とは逆に、女性を敬い男性を卑下するという時に俺・井上勇一郎は生まれた。家はすごく貧乏だ。父は病弱で床にふせっているし、家で代々経営している銭湯はばあちゃんがやってくれているが俺は朝から晩までバイトしてやっと食っていける状態だ。

この世には御三家と呼ばれる大金持ちの裕福な家柄がある。その中で一番権力をもつ一条家の次期当主・一条歩。俺はこの女に嫁ぐために毎日プロポーズをしている。そして毎日振られる。

そんな日々が続いていたある日、突然一条歩が我が家に乗り込んできて「住み込みで働く」と言う。何か理由があるらしいが教えてくれず、彼女と我が家族の秘密でドタバタな毎日が始まった。