ぼくらは群青を探している

作者縹麓宵

弁護士の三国英凜は、一本の電話をきっかけに古びた週刊誌の記事に目を通す。その記事には、かつて英凜が居場所としていた群青のこと、そしてその群青のリーダーであった桜井昴夜が人を殺したことについて書かれていた。仕事へ向かいながら、英凜は、その過去に思いを馳せる。

2006年当時、英凜は、ある障害を疑わ…


画像タイトルを入力…


登場する人物・団体・名称等はすべて架空のものであり、実在のものとは関係ありません。また、作中のいかなる描写にも関わらず、筆者は法令等に違反する行為を是認・推奨するものではありません。