2020年の夏は、いつもと様子が違っていた。ただ暑苦しいだけで、息をやめてしまった夏。そんな季節の真ん中で、大学2年生の澪は不思議な少年に声をかけられる。7年前に亡くなった父の墓石を見上げた少年は、妙なことを口にした。
澪に訪れた不思議な夏が、静かに動き出す。

【備考】
2020年……新型コロナ…