神社に仕える久遠家の長女、美耶。日課である境内の掃除中に現れたのは銀髪の青年。彼は、あやかしでした。



君を知るには足りない夏。