嫌われた令嬢、ヒルダ・フィールズは終止符を打つ

作者芙由奈

薄幸のヒロイン、ヒルダの壮絶な人生を綴った物語】

辺境の地に暮らす伯爵令嬢ヒルダ・フィールズは爵位を持たない同い年の少年ルドルフに好意を寄せていた。ある日、ヒルダはルドルフに思いを寄せる少女の陰謀で左足に一生治る事の無い大怪我を負ってしまうが、責任はすぐ傍にいたルドルフに押し付けられた。貴族社会…