取り巻きBだけど、死ぬ予定の当て馬を何とかして助けたい

作者馬山 河鹿

推しが死んだショックで死んだと思ったら、小説の世界に転生した?!しかも目の前には生きてる推し!尊い!!
しかし、肝心の推しは”私”をゴミを見るような目で見ている。
当然だ、私はヒロインを虐める女ボス……その取り巻きBだった。
最早ヒロインとの関係は最悪だし、推しの好感度はマイナスだけど、どうにかし…