6月9日はきっと晴れるから

作者芙由奈

親からの虐待で児童養護施設で育った「私」は隣に越してきた小学生の男の子と交流を始める。けれど彼は父親から激しい虐待を受けていた。

「大丈夫、私が必ず守ってあげるから」

私は少年に約束し、彼との交流の日々が始まる。
そんなある日、「私」の前に1人のミステリアスな青年が現れて、こう言った。

「何…

  • コメント
  • スタンプ1
  • しおり20