偽りの恋人と生贄の三日間

作者有坂有花子

「今日から恋人としてすごして」

珍しい容姿と強い魔力から『魔女』と疎まれていたリコ。ともにすごしてきた騎士のキトエと、辺境の城で三日間をすごすことになる。

「三日だけだから」とリコはキトエに偽りの恋人として振るまってほしいとお願いし、キトエは葛藤しながらもリコのお願いに沿おうとする。

三日目…

三日目に生贄になる魔女が、騎士と偽りの恋人としてすごす三日間