ヤンキー君と秀才君が入れ替わった話

作者響ぴあの

魔法のアイランドコミック原作大賞応募作

ヤンキーというあだ名の男、本名は山間京志郎。「やんまきょうしろう」を短縮してヤンキーと呼ばれている。実際、京志郎は今時珍しい生粋のヤンキーだ。そんなヤンキー君がバイクで同級生の幼馴染の弥子と一緒に帰宅していた時に、目の前に突如人間が現れた。何やら参考書を読…

▶ストーリー概要および物語の設定

ヤンキーというあだ名の男、本名は山間京志郎。「やんまきょうしろう」を短縮してヤンキーと呼ばれている。実際、京志郎は今時珍しい生粋のヤンキーだ。そんなヤンキー君がバイクで同級生の幼馴染の弥子と一緒に帰宅していた時に、目の前に突如人間が現れた。何やら参考書を読みながら細い通路を歩いており、その少年は自殺行為かのように目の前にふらっと出てきた。これは、殺人鬼になってしまう。そう直感した京志郎は持ち前の運動神経で何とか少年との接触を回避することに成功した。


彼は秀彩高校1年生の西条秀さいじょうしゅう。あだ名はシューサイ。

秀彩高校1年生の青藍末来せいらんみらいシューサイの幼馴染の美少女だ。もちろん頭脳明晰。


秀才とヤンキーの入れ替わりによって、ギャル弥子と才色兼備の青藍末来の心はどう動くか?





▶(小説作品のコミック原作化の場合)元小説の作品URL

なし