二度目の人生では、お飾り王妃になりません! 〜陰謀により全てを失った王妃、今生では真の力に目覚め幸せを掴みます〜

作者清川和泉

ラン王国の王妃セリスは、虚弱体質ゆえに周囲からお飾り王妃と囁かれていた。そして即位してから約十ヶ月後、セリスは侍女のカーラに無実の罪を着せられ極刑に処されてしまうが、夫である国王アルベルトは、彼女に対し表立った行動は起こさなかった。

刑の執行中セリスは、もう二度とアルベルトを愛さないと誓うと、彼…

 冤罪により極刑に処された王妃セリス。


 刑に処された瞬間、


「もう二度と陛下を愛さない」


 そう強く念じると、何故か目前に眩い光が広がり、気がつけば時間が1年遡り、婚儀の前に戻っていた。


 彼女の二度目の王妃人生が始まる──