きっと多くの人がこの絶望を経験し、多くの人が一度はこう願った事でしょう。――夜よ、明けるな、と。5:50の私は強く、強く願っているのです。