私は、あの子

あの子は、私

自分勝手に、そう言い聞かせながら生きてきた

そんな私の目の前に現れたのは………

金髪で、オッドアイのあなたでした


画像タイトルを入力…


2022.09.20.開始


*注意事項

掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。