「アンタ今日からあたしの犬ね」

「わ、わんっ」

世話係として舞耶に仕えることになった琉生は、高飛車なお嬢様に惚れ込んだ。



「アンタ今日からあたしの犬ね」



「わ、わんっ」





世話係として舞耶に仕えることになった琉生は、高飛車なお嬢様に惚れ込んだ。









2022.11/3〜