死にかけOL、殺し屋に世話を焼かれる。

作者わい

社会人1年目、小野夕子は死にかけていた。鬱一色の社畜生活を救ってくれたのは、冷酷な殺し屋と美味しいごはん。
身も心も瀕死のОLが、ちっとも優しくない殺し屋に世話を焼かれながら本当の自分を取り戻していく、ほかほかごはんコメディ。


しおり、スタンプ、コメント、とっても嬉しいです。ありがとうございます!


コメントの返信はブログにて行っておりますので、お時間のある時に覗いて頂けると幸いです(*^_^*)