雨を結ぶ

作者

恋慕するほど窓を打つ雨は激しくなっていく。“秘密”は溶けるように甘く、胸が潰れるように重かった。






“たとえ雨に濡れても君の傍にいたかった”