クリスマスの奇跡

作者*黒猫*

毎年冬になると夏帆はクリスマスツリーの下まで足を運ぶ。そこはかつて柊平と待ち合わせた場所だった。二十歳の冬も足を運んだ、そしているはずのない柊平と再会する──




    ────17歳 大好きなひとがいた




     それはとても温かくて幸せで






     泣きたくなるような時間だった











      ………………………………………………………


       葉月夏帆 kahohaduki


            ×


       瀬川柊平 syuuheisegawa


      ………………………………………………………






        "キミはいまどうしていますか?"







*2016.11.11-*