彼岸花を、彼に。[下]

作者叶鈴

雨の日に出会った彼との、小雨に煙る恋物語、第2巻。




が私にくれたのは


が今まで

感じたことのかったモノ。




彼がしてくれるかぎり


私は、彼とに。






いと、いをこめて。


― 下 ―






「ひい…、」



そう私を呼ぶ彼は


私の居場所で、

私の大切な人。






広がった世界は、

彼という光で、煌めく。






イイね!クリックThanks!

天嶺様 蒼虚様




START:2013.08.09.

END :XXXX.XX.XX.




※レスにてコメのお礼を行っています。

宜しければ覗いて下さいませ。