ずっと、あなたのことが好き。【完】

作者たんぽぽ

「翔ちゃん…抱っこ…」




「よしよし。」


「…あ?」


「翔ちゃん、いい子いい子。」


「なっ…やめろって。」


「翔ちゃんの周りには甘えたが多くて大変だね?」


「…本当にな。」


「でもそんなあなたに素敵な特権!

私の前では強がらなくていいよ権!」


「…。」


「ほら……おいで?」

















これは、記憶の物語。



高校生×大人













※『I've always loved you』と

繋がりのある作品です。