群青色の空と君と

作者桜ひなた

心に闇を抱えたサチとシュウは導かれるように出会い、次第に惹かれ合った。幸せを求め、何もかも捨てて町を出た二人の未来に待っている運命は幸か不幸かーーー。

この空がどこまでも広がっていると



キミが教えてくれたーーー。








母親のネグレクト、学校でのイジメ。



自分の存在価値を見いだせないサチ。




ーーーもういい、全て終わりにしたい。




自分の人生に終止符を打とうと


最期の場所を当てもなく探し歩いていると


眠らない街の時計広場の隅っこに佇む

一人の少年シュウと出会った。




「何お前。辛気臭い顔して」



「笑い方知ってる?口の端をにぃーっと上げて。ほら、やってみ」



「人生笑わな損だぞ」




ねぇ、シュウ。



キミに会う時は決まって

空が群青色に染まる頃だったね。




「サチって幸せの幸だろ?」



「お前なら絶対幸せになれる‼︎俺が保証する‼︎」




今でも群青色の空を見ると思い出すよ。



シュウが私の、全てだった……




「本当は俺がサチを幸せにしたかった…」




ーーーきっと、ずっと忘れない。



キミと過ごした日々は、私の宝物だから。




****


鷹野 佐知穂

(タカノ サチホ)

高校一年生




立花 秀太

(タチバナ シュウタ)

高校二年生

****



切ないラブストーリー