僕らが出会ったのは何かに怯えて過ごす1人の少女。『近付かないで。』と言った君と僕らの話だ。





彼女は思う。





どうしてこうなったのか、どこから間違えたのかと。



あの時何があったのか…。



それはその場にいた者のみが知る。











なんで君たちはこんな私を

そんなに信用してくれるのだろう。




なんで君たちはこんな私に

愛をくれるのだろう。




どうして君たちはこんな私に

欲しいモノをくれるのだろう。








彼女の"普通"を壊したのは

超美形集団のヤンキー達!!!














優しい真面目くん

「何がなんでも守るから。」


ゆるゆる自由気ままボーイ

「君は何者なの??」


不適な天使

「ずっとここにいるよね?」


しっかりもののお兄さん

「安心しろよ。」


王国のお人形さん

「守ってくれるんでしょ?」


+


無口な最強お姫様

「どこから間違ったのかな。」










ここから君と僕らは始まった。


























*この作品はフィクションです。

実在する人物 団体 地名 等には一切関係ありません。

*未成年の飲酒喫煙は法律で禁止されています。

*本作は上記のような行為、暴言 • 暴力行為等を推奨するものではありません

*こちらの作品は「君が教えてくれた」を書き直したものですので見たことがある方もいらっしゃるかと思いますが初めから読んで頂けると嬉しいです






start 2019.8.1〜