Anniversary Ring

作者胡桃 真依

傷付ついて、また泣くことになるなら独りでいい
そう思っていたのに…

あなたに出逢ってからすべてが変わった


凍らせたはずの心が、溶けていくような気がしたんだ

『だから、翊暉さん。あなたが私を殺してよ』


人とは違う声を持ったため、それをコンプレックスに思っている愛叶。いつからか、携帯の音声アプリが声を出さない彼女の〔声〕になった。

しかしある時、彼女自身の“声“で発せられた言葉。そのお願いに翊暉は────!?

愛されずに育てられた少女と愛情一杯に育てられた青年。正反対の2人が出逢い、紡いでいく恋愛物語。