Ayaに吹く影法師

作者いすみ 静江

◆あらすじ

AyaはKouを愛するが秘密の関係となる。
Kouは友人のむくと結婚するも直ぐに会えなくなる。
Kouと際遇するのは雨の日だが今は晴れている。
夢でもいい。
会いたい!
Ayaは、絶叫する。
揺れる三人の恋模様。

◇◇◇

◆応募用あらすじ

情報屋のKou《コウ》は、Aya《アヤ…

「今朝からを見てばかり――」


 Ayaアヤは縁側で緑茶をいただいていた。


「Aya様、どうされたのですか? 私もお茶をいただきます」


 Ayaは、むくと知り合ってから一年が経とうとしていた。なんてぽかぽか陽気なのだ。縁側に日向ぼっこをするように、二人は並んで湯のみを傾けた。


「アチャ。ちょっと熱かったです」


 ここは、日本ではない。パリのモンマルトルで、むくは寡婦となっても絵を描いている。そして、Ayaは、Kouコウを待ち続けていた。ずっと連絡がないので、アパルトマンではなく、小さくとも家を建てて、蜘蛛の糸を張っていた。Kouとの再会しか考えていない。


「罠にはまれー。はまれー。Kou」


 糸を引くような手つきは、真剣だ。はたからは、キリンのような首に見えた。それだけ待ち遠しいのだ。


「Aya様、聞こえてます。独り言です

「やー。恥ずかしい! 見ないでよー!」


 むくは、どんと突き飛ばされた。遠慮のない勢いで、縁側から手前の池に落ちそうになる。瞬間、Ayaが手を取って救った。


「危なかったわ」

「私は大丈夫です」


 むくは、水色のエプロンをぱっぱと直して、縁側に戻る。Ayaは、自分の行いを振り返り、頭を下げた。


「あー。私に絵心があればね。むく様みたいにハートをズギュンなのを描きたかったわ」

「絵心ですか。好きに描いた絵が一番の笑顔が咲くと思います」

「そうね。才能だけではないわね。気持ちよね」


 Ayaは、待ちきれないのか、に向かってすくうように手を伸ばした。


「天気一つ降りそうにもないかしら」

「私がの降ったお庭を描きます。さながら、睡蓮でしょう」


 キャンパスにをたったったと描き始めた。


「むくさん、スケッチブックを借りてもいいかしら? 私も描くわ」

「大丈夫ですよ。二人で、描きましょう。を降らせましょう」


 うふふふとむくは笑った。三月前に夫を亡くして以来、笑顔の少なかったむくが笑った。それにAyaも安堵し、スケッチブックに専念できる。


「降らないかなー、

「Ayaさん、かわいいです」


 スケッチブックのの中、似ていないKouを熱心に描き出す。

 ――その時、すっとスケッチブックが取り上げられた。


「むく様? おふざけなんて珍しいわね」

「俺だが――」

「……Kou!」


 Ayaは、色鉛筆をばらまいてしまった。


「もう、が降らない日でも逢えると分かっているだろう? Aya」

「そんな。だって、Kouは――」

「俺はお化けではないさ」


 Ayaは、庭へ向かって飛び出し、Kouに抱きついた。


「おいおい、Aya。今更どうしたんだよ」


 一つない晴れた天気の中、AyaはKouの懐かしい香りに包まれていた。


「Aya様、どうされたのですか? 独り言が多いですよ


 にやにやしながら、Ayaが振り返る。


「じゃあ、言うわよ。このKouを見て何と思うの?」

「Kou様は、私の夫です。少し前に結婚して、少し後に亡くなってしまった」


「あ……」


 ふっと、Ayaの腕が軽くなる。

 Ayaは、庭先にいたKouを見失ってしまった。


「でも、でもね。それでも、帰って来てくれたのよ」


 私の愛にあやまちはなかったと、そう信じたかった。Kouは、Ayaと腹違いの兄妹だったのだから、結ばれなくても仕方がないと――。


 一粒、二粒、涙が粒のごとくこぼれた。

 Ayaとむくから。


 その後、二人はキャンパスとスケッチブックに晴れたを描いた。虹まできらきらとして、素敵に仕上げる。


の日に現れるKou」

「亡くなってしまったKou様」


 に向けて、二人は言い放つ。


「じゃあ、言うわよ。むく様、せーの」



『毎日がでも忘れない……!』





 これから、Ayaの影法師、むくにとっても亡き夫についての話となる。


 私たちのKouは、もうによらず現れてくれるのか――。



* *


2019/04/07ー


いすみ 静江