終わり泣き、愛。

作者紅月 紫夜

キミの素顔を知って初めての感情を抱いた。ねぇ、お願いだから早く堕ちてよ――…。これは学校1遊び人だった男と、人間を極端に嫌う女の子のお話 。



キミの存在を知ったのは

中学2年の夏


だけど初めてキミを見たのは

高校1年

終わりの季節だった




第一位印象は


可愛いのに勿体ない


情のいキミを見て

なんだこの子って思った



二度目にキミを見たのは

日も落ちきった公園で


静かに佇む白い頬には


不覚にも麗だと

声も出せずに入った



そして三度目


キミの本当の素顔を知って


初めての感情を抱いた






それに名前を付けるなら


それはきっと――…