飛び立つ時は……

作者嵩月 天

双子の姉が暴走族の姫になったことで
人生の歯車が狂いだす_
「お前が心の底に沈めている言葉を言え。そしたら
俺は何だってしてやる」

あの鳥みたいに飛んでみたい。

羽がないと飛べないなんてずるいよ。


飛んでいけるよ。

羽なんかなくたってお前ならな。


え?


お前はきっと1人で飛ぶのが怖いんだ。

なら、俺がお前の羽になってやるし

なんだったら隣で一緒に飛んでやる。


何処までもな_





暴走族_炎己*双子の姉妹*教師





途中で公開失礼します。

たぶん消す作品ですが、読んでやってください。

(書いていて面白いのかよく分からなくなりました...)



【誹謗中傷をご遠慮ください。誤字脱字の指摘や感想、ご意見はお待ちしています】