世界は溢れるばかりの愛だけで満ちている

作者伊東ミヤコ






わたしだけを見てほしい







"瞳子さん"ではなく



今ここに存在している、わたしのことだけを






世界はほんの少しの闇と

溢れるばかりの愛で満ちている