君は僕の愛しい下僕

作者ゆいみら

「我に絶対的な服従を」

私は誇り高い魔を服従させた。従いながらも、瞳は殺意を湛えて私を映す彼。
家に縛られ、性別と心を偽る少女と誇り高い魔の愛憎の物語。

君は僕だけのもの。大切にするよ。