償い-Atonement-

作者ひかる。

「簡単に俺から逃げられると思うなよ?」ある日再会した霜月の夜に…「昔はもっと可愛げがあるやつだった」あたしは愛なんていらないのよ。




bfe601f48276



一目で彼の存在に魅了されていた。



「初めまして。早瀬綾人です」



人生初めての一目惚れはあっけなく終わりを告げた。





『ここまで連れてきて…何?抱くの?』




「何?おまえがしたいなら、してやっても良いけど?」



再会は稲妻のように突然に訪れ、心を射抜いた。



愛?


そんなの、ちゃんちゃらおかしい。