Screaming

作者真響

世界最凶の権力を持った女がある不良高に現れる。彼女にとっては、暴走族などただの暇つぶし。美形不良たちは彼女に振り回されるが、彼女にはある目的があってー。

『ただの暇つぶしだよ』



女は手を血で染めながら、

不敵に笑った。




俺たちはその横顔を

ただ見ていることしか出来なくて。



だけど、彼女はもう片方の顔を

決して見せてはくれなかった。






あの時、あの場所で

手を掴むべきだった。


彼女が逃げないように、

強く、その手を

握りしめるべきだった





今更、俺たちは後悔してる。

あの時、お前はどんな顔で、



どんな想いで笑ってた?