放課後が遠ざかる【完結】

作者青島 綺希

香住くんは病気にかかったように、女の子を口説き落としては突き放す、という遊びをしている。






「私たち、付き合うの?」

「付き合ってあげてもいいよ」

「香住くんは私だけになるの?」

「ごめん、それは無理」







実感が快感に変わっていく。

こんな俺を見て、誰かが狂ってると言う。

明日にはさようならな、馬鹿で可哀想な女。





そして彼女は居なくなった






日下奈緒さん、桜小町さん

恵沢りょうさん、mimikoさん

レビューありがとうございます!

イイネクリックありがとうございます!



更新再開しました(2012/08/18)

修正(仮)完了しました(2016/01/11)




20120202.start

20140426.finish 本編~p.272

2016.02.02 番外編追加