ナイショの妖精さん

作者くまの広珠

「あたしは妖精の子。いつか、こんな生きづらい世界から抜け出して、妖精の世界に帰るんだっ!」
小学生の胸キュン、ピュアラブ×ほのぼの里山ファンタジー【挿し絵入り】

「きみの背中には羽がある」


小学校6年生の和泉綾いずみあやは、幼いころに、見知らぬだれかから言われた言葉を信じている。


「あたしは妖精ようせいの子。いつか、こんな生きづらい世界から抜け出して、妖精の世界に帰るんだっ!」




ある日綾は、大っ嫌いなクラスのボス、中条葉児なかじょうようじといっしょに、近所の里山で本物の妖精を目撃して――。


「きのう見たものはわすれろ。オレもわすれる。オレらはきっと、同じ夢でも見たんだ」


「いいよっ! 協力してくれないなら校内放送で『中条葉児は、ベイランドのオバケ屋敷でも怖がるビビリだ!』ってさけんでやる~っ!! 」


「う、うわぁああっ!!  待て、待て、待てぇ~っ !!」


★ ★ ★ ★ ★



*他小説サイトにも投稿しています。

*小学生にも理解できる表現を目指しています。

*砕けた文体を使用しています。肩の力を抜いてご覧ください。暇つぶしにでもなれば。

*この物語はフィクションです。実在の人物、団体、場所とは一切関係ありません。