渇く情愛、

作者片瀬 きい

いつだって誰かに愛されることを望んでた。多分誰よりも愛されたかった。









いつだって



ずっと






愛されることを



望んでた