私悪女になりますⅢ

作者凛子

貴方の瞳が大好きだったよ。
だけどもう貴方の瞳は私を映すことはない。



街から消えた彼ら。



彼らに共有される私。



彼らの甘い鎖に繋がれた私は身動きが取れなくて。









「私なら貴方を全てから解放してあげられる。」









そう囁くのは見知らぬ男だった。