この想いはきっと せいいっぱいの、初恋だった。【完】

作者しゅんか

ただただ、愛おしいと思った。