DOLL 人形達の物語

作者泡沫

降り止まない雨の日。死のうとしたら人ではない男の子を拾いました。
限られた時間を生きる薬師と人間嫌いで強く寂しがりやなDOLLの淡く儚い旅の物語これは、人と人では無いモノの恋物語。

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり14




【この世界では人間に差別はありませんでした。


ある日、頭から動物の耳が生えた

種族が現れました。




人々は彼を嫌い、差別し。

奴隷と扱い。中には残虐に殺す者まで居ました。


王様は穏平な方で争いが嫌いです。





困り果てた王様は考えました。




彼らは『人形』なのだと。】








「結局はDOLLと言うなの奴隷なんだよ




きっと俺死んだ方が幸せだ」




      


画像タイトルを入力…




「私、君が居たから死なずに今も生きてるの。




死んだら楽になるだけよ

幸せになんて絶対なれない。




君が好きよ。大好き。




大丈夫きっと幸せになれる。」










泡沫。