ケータイ小説は、何故死んでしまったのか?

作者羽場タケル

「ケータイ小説」の「死」の原因を、多数の資料と10年近くの経験から読み取ってみました。



かつての「恋空」を始め、出版業界にセンセーショナルな話題を巻き起こした「ケータイ小説」


その「ケータイ小説」は、何故「死」に至ってしまったのか?




その原因の一つを、多数の資料と10年以上「ケータイ小説」に関わってきた経験から語ってみようと思う。


なお、本書は「ケータイ小説」を批判する目的で書かれたモノではない事をお断りしておきたい。





(※本書は、「魔法のiらんど」的に「都合の悪い内容」が書かれているからか、魔法のiらんど側から「検索避け」「読書ログ非表示」「ランキング未反映」といった措置を取られております。


それ故、本書の内容に共感された方はLINEやTwitterなど、SNSにて本書が指摘している「ケータイ小説」の実状を拡散していただけたら有り難いです)