君の瞳に映らなくなったとしても。

作者優曇華

「貴方は誰__?」怖いよ。いつか、突然現れた君が突然いなくなってしまうことが。何度忘れたって私はまた君に恋するんだ。大好きな人の幸せを願うのはみんな同じなんだ。








「俺、こんなんだけど中村のこと

めちゃくちゃ好きなんだよ」







「今でもその彼女のことが好きなんだ。

多分、これからも変わらず、ずっと愛してる」

















怖いんだよ。

いつか突然現れた君が

突然いなくなってしまう

ことが___











わたしが一番、貴女を愛してる。









私たちは決して触れることのできない人に

をした__。