素顔の姫君【完】

作者緋色

今までずっと本当の自分を出せない恋愛をしてきた莉子。突然現れた彼に『ホントはそんなんじゃないだろ』と言われ動揺する。───やめて、あたしをこれ以上惑わさないで…


突然現れた彼は



あたしを惑わす





『ホントの君は

そんなんじゃない』





やめて



あたしは、クールで知的で


大人な女性で


いたいんだから───









*第2回 ケータイコミック原作投稿作品です。


この作品は緋色の処女作です。

レビューを宜しくお願いします。


6.13 皆様のおかげで総合ランキングにランクインしました。

ありがとうございます。


6.14 総合ランキング45位

6.15 総合ランキング22位